妊娠初期は流産にならないように、こんなことをしていました

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s

妊娠をすると、とても嬉しいという気持ちがあります。そして初めての妊娠だったりすると、妊娠をしている事で、赤ちゃんのことを守らないといけないという気持ちが芽生え、大切に行動をするようになります。
しかし、二人目、三人目の妊娠となった時、一人目の妊娠の時のように気を使わないということがあるのです。それは慣れているということもあって、大丈夫という気持ちが強くなるからです。しかし、二人目の場合は一人目の場合よりも、切迫流産などの危険性があると言うことを知っておく事が重要です。そしてそのことをよく理解して、行動することが大切になります。

激しい動きはしない

FV156

妊娠に慣れてしまうと、こんなことをしても大丈夫だろうと思って、高いところのものをとったり、走ったりすることがあると思います。しかし妊娠初期に、そのように激しい動きをすることは危険なのです。特に腹筋が緩んでいる分、切迫流産になりやすくなっている体ということが言えるのです。ですから、一人目の時と同じように、激しい運動は避けるようにします。

体が辛いとおもったときは休憩をする

KK185_350A

妊娠をしていると、つわりがあったり、腹部が痛いと感じる時などがあります。その腹部症状があるので、妊娠の危険信号の場合があります。そのため、そのように感じる時には、必ず休憩を取る事が大切です。
主婦の場合は、簡単に横になったりすることができますが、仕事をしている人などは、横になる事ができずに我慢をしてしまうこともあります。しかし、その結果、切迫流産となってしまうこともあるのです。そのため、仕事をしている職場の上司やスタッフに、休憩をしたいと言うことを伝えて、協力を得る事が大切です。

自宅でも夫の協力を得る

036

自宅も同様に、夫の協力を得るようにします。特に子供さんがいる場合など、一人目の妊娠の時よりも、かなり体を動かす事が多くなってきます。そのため、自宅にいる時も無理をしないように、意識をすることが重要です。

妊娠中の生活を少しでも快適に過ごすヒントは先輩ママの体験談から!「妊婦さんの子育て工夫ネット」

夜が眠れない!おなかが大きくて寝苦しい妊婦対策

378774d9283b1cf95513b8b5fdd66f2f_s

妊娠しておなかがどんどん大きくなってくると、夜眠れなくなってきます。
おなかの赤ちゃんも重くなってきて、横になっても仰向けになっても苦しくなってしまいます。眠くても寝られず、睡眠不足となってしまう日も多いと思います。

152

そんなときは、足と足の間に柔らかいまくらやクッション、ぬいぐるみを挟んで眠ると気持ち良く眠れます。また横になったときおなかの下に薄いクッションをひくと、おなかが支えられて安眠できます。一番良いのは、腕で抱きついて足でも挟める長細いクッションタイプ。これなら寝返りをうったときにもクッションが離れずに、一緒に動けます。
ふとんも柔らかめの厚いふとんが妊娠中には適しています。妊娠中はとにかくいろんなところが凝りやすくなったり、痛くなったり大変です。でもうち伏になったり、仰向けになることもできなくなります。硬いふとんだと筋を傷めたり、ひどい凝りの原因になってしまいます。
特に腰は傷めやすく、朝起き上がることができないことも。なるべく腰にもいたわった寝方をすると、夜はぐっすり眠れるようになるかもしれません。

ママだけでなく、おなかの赤ちゃんも寝苦しいと感じるときがあります。
おなかのバランスの状態が不安定だと、胎動があるときに痛みも感じることがあり起こされてしまいます。ストレスにもなります。クッションなどで支えてあげると、赤ちゃんも疲れずに眠れます。
妊娠から出産後赤ちゃんに使用できる三日月タイプのクッションも市販されています。とても使いやすく人気もあり、重宝します。丸洗いできるタイプだと更に衛生的で良いですね。ネットで売っているので調べてみるといいかもしれません。

出産後は夜最長でも三時間起きになるかと思います。夜泣きでなんにも寝れなくなることもあります。いまのうちによく寝ておいて、出産後の体力を溜めておきましょう。

気持ち良く過ごすための対策も早くから身に付けておくと良いです、先輩ママの体験談が参考になります♪

妊娠初期の辛いつわりを乗りきる方法

GW148

妊娠初期の辛いこととして、最も感じて上がることで、つわりがあります。そのつわりになると、今まで食べることができたいたものを、ほとんど食べることができなくなったり、食べることができたとしても、食べたあとに気持ち悪くなって嘔吐をしてしまうことがあるのです。しかし妊娠初期であっても、赤ちゃんへ栄養を送ることが大切ですので、そのことを意識して、行動することが大切です。

食べれるものをこまめに食べる

GW105

つわりでほとんど食べれないと思っていても、お腹が空いたとおもった時には、食べることができるものです。そしてその時、食べれる時に食べることが大切です。その瞬間は、食べたいと体が欲している時なので、食べても嘔吐をすることが少なくなるのです。
また、栄養のことを考えて、これを食べなくてはいけないと思うのではなくて、食べれるものを食べることでもいいのです。栄養をとるに越したことはないのですが、それができない状況の時には、今これを食べたいとおもったものを食べることをおすすめします。そのためには、家族にその食べたいものなどを、協力をして購入してきてもらうようにします。

水分をこまめにとる

GW015

水分は、全く飲めないと思って飲まないでいると、脱水となってしまい、ただでさえ倦怠感のある体が、ますます弱ってしまうことになります。そのため、こまめにとることが大切です。少しづつ飲むことによって、つわりの症状も少なく済むので、そのようにして取るようにします。

マスクを着用する

109

つわりの時は、気持ち悪くなる原因として、そのニオイが嫌だと言うことが多いです。その嫌だと感じる匂いについては、人それぞれ違っているので、そのニオイのないところにいくことが一番なのですが、そうもいかないこともあります。そのため、マスクを着用して、その匂いをシャットアウトすることをおすすめします。

妊婦さんから子育てママまで、色々な悩みを解消する工夫がいっぱい!「妊婦さんの子育て工夫ネット」