妊娠初期は流産にならないように、こんなことをしていました

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s

妊娠をすると、とても嬉しいという気持ちがあります。そして初めての妊娠だったりすると、妊娠をしている事で、赤ちゃんのことを守らないといけないという気持ちが芽生え、大切に行動をするようになります。
しかし、二人目、三人目の妊娠となった時、一人目の妊娠の時のように気を使わないということがあるのです。それは慣れているということもあって、大丈夫という気持ちが強くなるからです。しかし、二人目の場合は一人目の場合よりも、切迫流産などの危険性があると言うことを知っておく事が重要です。そしてそのことをよく理解して、行動することが大切になります。

激しい動きはしない

FV156

妊娠に慣れてしまうと、こんなことをしても大丈夫だろうと思って、高いところのものをとったり、走ったりすることがあると思います。しかし妊娠初期に、そのように激しい動きをすることは危険なのです。特に腹筋が緩んでいる分、切迫流産になりやすくなっている体ということが言えるのです。ですから、一人目の時と同じように、激しい運動は避けるようにします。

体が辛いとおもったときは休憩をする

KK185_350A

妊娠をしていると、つわりがあったり、腹部が痛いと感じる時などがあります。その腹部症状があるので、妊娠の危険信号の場合があります。そのため、そのように感じる時には、必ず休憩を取る事が大切です。
主婦の場合は、簡単に横になったりすることができますが、仕事をしている人などは、横になる事ができずに我慢をしてしまうこともあります。しかし、その結果、切迫流産となってしまうこともあるのです。そのため、仕事をしている職場の上司やスタッフに、休憩をしたいと言うことを伝えて、協力を得る事が大切です。

自宅でも夫の協力を得る

036

自宅も同様に、夫の協力を得るようにします。特に子供さんがいる場合など、一人目の妊娠の時よりも、かなり体を動かす事が多くなってきます。そのため、自宅にいる時も無理をしないように、意識をすることが重要です。

妊娠中の生活を少しでも快適に過ごすヒントは先輩ママの体験談から!「妊婦さんの子育て工夫ネット」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です