妊娠初期の辛いつわりを乗りきる方法

GW148

妊娠初期の辛いこととして、最も感じて上がることで、つわりがあります。そのつわりになると、今まで食べることができたいたものを、ほとんど食べることができなくなったり、食べることができたとしても、食べたあとに気持ち悪くなって嘔吐をしてしまうことがあるのです。しかし妊娠初期であっても、赤ちゃんへ栄養を送ることが大切ですので、そのことを意識して、行動することが大切です。

食べれるものをこまめに食べる

GW105

つわりでほとんど食べれないと思っていても、お腹が空いたとおもった時には、食べることができるものです。そしてその時、食べれる時に食べることが大切です。その瞬間は、食べたいと体が欲している時なので、食べても嘔吐をすることが少なくなるのです。
また、栄養のことを考えて、これを食べなくてはいけないと思うのではなくて、食べれるものを食べることでもいいのです。栄養をとるに越したことはないのですが、それができない状況の時には、今これを食べたいとおもったものを食べることをおすすめします。そのためには、家族にその食べたいものなどを、協力をして購入してきてもらうようにします。

水分をこまめにとる

GW015

水分は、全く飲めないと思って飲まないでいると、脱水となってしまい、ただでさえ倦怠感のある体が、ますます弱ってしまうことになります。そのため、こまめにとることが大切です。少しづつ飲むことによって、つわりの症状も少なく済むので、そのようにして取るようにします。

マスクを着用する

109

つわりの時は、気持ち悪くなる原因として、そのニオイが嫌だと言うことが多いです。その嫌だと感じる匂いについては、人それぞれ違っているので、そのニオイのないところにいくことが一番なのですが、そうもいかないこともあります。そのため、マスクを着用して、その匂いをシャットアウトすることをおすすめします。

妊婦さんから子育てママまで、色々な悩みを解消する工夫がいっぱい!「妊婦さんの子育て工夫ネット」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です